1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. デザインコンペを有償で依頼する際、事前に・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

設計会社・施工会社の選び方

last update:2017-11-02 15:27:19.0

デザインコンペを有償で依頼する際、事前に最低限決めておくべき事項や進め方があれば教えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 秋葉 達雄 2017-11-02 15:27:19.0投稿

    流儀

    各社に同じ内容の資料がないと、比較検討が出来ませんので、何を提出してもらうかを最低限決めておく必要があります。

    例えば、
    平面図、パース、見積書 等

    また提出期限と、どうやってプレゼンしてもらうか、
    対面なのか資料の郵送なのかも予め決めておく必要があります。

  • みぞぶち かずま 2017-10-13 18:48:20.0投稿

    流儀

    何でもただで手に入れようとする風潮がある中で、有償でコンペを依頼するとは、なかなか見識のある方です。(でも、私はそれが当然だと思いますし、そうすることによって、よりクオリティの高いものが得られると思います)
    1.コンペのスケジュール
    2.提出物の形式と量
    3.判定の仕方
    4.金額
    は最低限決めた方が良いでしょう。
    このうち、判定の仕方は、身近に建築家の知り合いがいれば、助言を仰ぐのも手です。
    素人の見落としがちなことを指摘してくれると思います。
    良いコンペになることを祈念します。

  • 石本輝旭 (デザイナー) 2017-09-19 10:58:33.0投稿

    流儀

    出店したい店舗のコンセプト。あとは法的条件
    たとえば飲食の場合、客席数や回転率、ターゲット層は店舗側である程度決めていると思いますが、デザイナーに提案させてもよいのかなと思います。

  • 藤岡 和真 (デザイナー) 2017-09-12 15:19:46.0投稿

    流儀

    事業やお店の「真の目的」を伝えてあげるコトが大切です。
    その目的をどのように具現化するデザインを考えるのかが、建築家やデザイナーの仕事です。事業計画案として(業態、計画地情報、スケジュール、予算など)資料をまとめて、コンペ参加者を集めて説明会をするのが通常です。

  • 吉本繁樹 (デザイナー) 2017-07-18 09:27:34.0投稿

    流儀

    1、プロジェクトの趣旨
    2、計画上の留意点
    3、予算
    4、計画全体のタイム・スケジュール
    以上をペーパーで明確に示していただいた上で、
    事業主本人と設計者の現地面談の機会を設けていただきたい。
    ペーパーや担当者からの趣旨説明では本質が伝わらず、イメージの萎縮に繋がりかねません。
    事業主との面談から、事業根幹に関わるグッドアイディアが提示出来る可能性が生まれます。

  • 上水流孝嘉 (デザイン企画) 2017-02-14 14:50:09.0投稿

    流儀

    設計依頼をして、全員に企画書やイメージや予算を説明する為の説明会を必ず開く。公平に1週間後か2週間後にプレゼンをしてもらい決める事が条件ですが、0円でも来てくれると思いますが、面接して3社ぐらいに絞り、コンペ参加費を5万~30万くらいに設定してコンペを開いたら、模型やパースのクオリィティー、クリエーターさんのやる気が上がる為、良いプレゼンが見れるのは間違いないです。

  • 匿名さん 2016-11-17 19:11:06.0投稿

    流儀

    一番肝心なことは予算を提示して同じ条件のもとコンペをすることだと思います。それから可能な限り希望を伝えることだと思います。あとは出来るだけ設計だけではなく施工も一緒の方が良いと思います。

  • 小倉知佳 (デザイン・設計) 2016-11-16 10:51:12.0投稿

    流儀

    デザインコンペというからには、やはりデザインを気に入ってもらいたいというのがデザイン屋の考えです。

    もちろん、工事業者やご予算もありますのでその辺は決めて頂いておくのが最優先です。
    有償でのコンペですので、それぞれの会社で他と違うものを出していくというのは当然の事だと思いますので、書面の枚数や平面図・立面図・CGパース・模型などある程度提出するものの制限を設けて頂けるといいかと思います。

    例えば…

    選ばれる判断基準をどういったルールの下で決められるかは、お客様次第ですので、点数制にされたりすると判断もつきやすいのかなと思います。

    ●会社の規模・形態
    ●担当者の対応
    ●デザイン性
    ●対応スピード
    ●施工実績
    などなど… 
    様々な項目をあげればきりがありませんので、10点中何点など明確に点数式にすると判断も容易にできると思います。
    デザイン屋にとっても判断理由が明確になりますので、反省点がわかり力を入れるべきところがはっきりしていいと思います。

デザイナーの流儀

「問い」一覧へ »