1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. いくつかの施工会社に相見積もりを取りたい・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

注目 内装・施工に関するFAQ

last update:2018-09-18 18:33:44.0

いくつかの施工会社に相見積もりを取りたいと考えています。各社の見積もりを比較する際にはどのような点に注意すればよいでしょうか?

複数の施工会社に相見積もりを取る場合、各社によって表記方法等が異なることもあります。
各社の見積もりを比較する際のポイントや、特に注意すべき項目について店舗デザイナーにご回答いただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 永田 武 (デザイナー) 2018-09-18 18:33:44.0投稿

    流儀

    施工会社に相見積もりをとる場合には、設計者と打合した内容を反映した図面が必要です。
    見積を設計者に確認してもらい工事内容を確認することが必要でしょう。
    場合によっては見積ぬけ等が考えられますので施工金額だけを比較すると、
    あとで追加見積になって追加金額がでてしまう場合がありますので設計者に
    確認してもらうのが重要になります。

  • 小倉知佳 (デザイン・設計) 2018-05-30 17:57:57.0投稿

    流儀

    デザイン、図面、仕様等が同一のもので見積もり依頼をかけられると比較検討しやすいと思います。
    しかし、金額で施工会社を選ばれると実は型落ちのものを使用していたり、言われた通りのことしかしてくれなかったりと、最終的にはあまりご納得のいくような仕上がりにならなかったりとする事があります。
    また、見積り通りに現場が進行しない場合に多額の追加金などを請求されたりという事も耳にしたことがあります。

    どういう工事が必要なのかを予め検討し、いくつか決まった項目をあげてもらうようにすると比較検討できます。また、施工会社がどのような工事をしてきたかなどの実績もきちんと調べておいた方がいいと思います。

  • 和久井 荘三 (デザイナー・施工管理) 2018-05-24 09:06:07.0投稿

    流儀

    自分が希望している工事内容や図面内容の項目に見落としや相違がないか確認した上で金額を比較すればいいと思います。
    あとは、契約後、施行中、施工後などに、予期せぬトラブルや追加依頼以外での追加請求がない事も確認しておく事も重要です。
    そうゆう業者さん結構います。

  • ヤマシタマサトシ (設計・デザイン) 2018-05-17 09:00:19.0投稿

    流儀

    まず、見積もりには概算見積もりと本見積もりがあります。

    概算見積もりは本当にザックリ。これはだいたいこれくらいという意味で、多くの場合リスクを見込んでかなり高めに出てきます。

    本見積もりは工事の細かい項目まで拾った詳細な見積もりでこのまま契約発注可能なものですが、見積書類を作るのに1週間〜2週間ほどかかります。

    施工業者選定に関しては本見積もりでやるわけですが、細かいところや仕様の指定まで決めた図面が揃っている状態で、見積もりの項目フォーマットを作成してから各社に見積依頼をかけるのがコツです。

    こうすることで、ドア1枚の製作・取付などの細かいところでも各社で比較可能です。

    逆に、見積もり項目の指定をしないで各社の形式で見積もりをとると、ある会社では造作工事に入っているものが、ある会社では木工事になっていたり、そもそもの項目別の金額比較ができません。

    相見積もりを取るというと、少しでも安くやってくれる所を探したいという意図が強いと思います。しかし、安くても手戻りが多かったり、施工ミスが多発すると、結果的に開業に支障が出て価格差以上のダメージを受けることも多いです。

    その為には、比較しやすい見積りフォーマットの配布、見積もり図面の統一、見積もりと同時に工事工程表の提出をお願いするといいでしょう。



    とはいえ、これらはある程度のまとまった発注金額のある場合の話です。

    予算の限られた案件では、あえて相見積もりは取らずに、1社に腹を割って相談して予算内で最大限のことを一緒に頑張るというのを私は推奨します。

  • 吉田 昌弘 (デザイン) 2018-05-15 09:57:17.0投稿

    流儀

    相見積りを取る場合は図面一式が必要です。
    そして、出てきた見積りを設計者にチェックしてもらってください。
    同じ図面でも施工業者様によって、別見積りとして抜けていたり内容を誤解していたりして、異なる内容の見積りが出てきますので、設計者のチェックが入ることによって、同じ内容の見積りとして比較検討することが出来るようになります。

  • 牧野 歩 (設計施工) 2018-05-11 14:08:27.0投稿

    流儀

    依頼事項を各社一律にする事です。せっかく相見積もりとっても各社に違う内容を伝えれば金額も項目も違ってきます。
    質問等は議事録にまとめ各社に共有するとずれは少なくなります。

  • 岩本 勝也 (デザイナー) 2018-05-09 18:29:19.0投稿

    流儀

    施工会社に相見積りを依頼する場合
    先ずは店舗の運営計画を立てて、設計者に実施図として図面をまとめて頂くコトが大切です。
    そうするコトで、結果工事費用を抑えトラブルを防ぐことができます。
    弊社ではA、B、C工事の工事区分、C工事の各項目まで明記して工事入札を行います。

  • 南 敬大 2018-05-01 11:37:07.0投稿

    流儀

    相見積もりについては、各社に、まったく同じ工事内容で作成してもらうことが比較しやすいことになります。また、各社には見積り内容と各項目の内容をしっかり説明してもらうようにお話ししたほうよいと思います。会社により見積り方法や記載の仕方が違うことや、どの範囲までが工事内容に入っているか、お会いしてお打合せすることが必要だと思います。