1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 飲食店の内装工事で失敗しないために、注意・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

注目 飲食店舗向けFAQ

last update:2024/3/25

飲食店の内装工事で失敗しないために、注意すべきことはありますか?

理想通りの内装を完成させ、トラブルを防ぐために事前に注意すべきことをお聞きしました。

  • チーム山翠舎 (デザイナー) 2024/3/25投稿

    流儀

    ケースバイケースですので、実績の多い業者さんに相談されることをお勧めします。その上で綿密に事前の準備と計画を行うことが重要です。以下ポイントの一例ですが参考になさって下さい。

    ①内装デザインについて:
    お店のコンセプトに合わせた内装デザインが出来る、得意分野を持つ業者を選ぶことが重要です。 業者の実績・提案力・柔軟性・アフターサービスの質も重要な選定基準になります。

    ②設備関連について:
    給排水、換気設備、空調、電気・ガスなどはトラブルとなるケースが多いためチェックを怠らないことが大切です。また収納が足りないという問題を避けるため、設計段階で十分な収納スペースを確保することが重要です。

    ③近隣トラブル対策:
    計画通りに施工を完了するには、近隣が営業時間中の工事、不定期営業のお店との調整など、そんなはずじゃなかったとならないよう事前に綿密な調整が必要です。また臭いが近隣トラブルの原因となることもあります。排気の出す方向や、集塵機・消臭器などの装置を検討することが推奨されます。

    山翠舎はこれまでに一都三県+長野県で500店舗以上の施工実績がありますので、お気軽にご相談頂ければと存じます。

  • 石本輝旭 (建築家&インテリアデザイナー) 2024/3/25投稿

    流儀

    ターゲット層に対するデザインをベースとして、ご自身のブランディングに合わせた語れる店舗にすることかなと思います。
    オープンキッチンの場合、保健所等で平滑な天井を言われると思うので、そこを加味しつつ、製作照明などで訴求すると良いかと思います。
    またコストを掛けすぎないことも重要ですが、メリハリをだすようにデザイナーと密に相談出来ればよいかなと思います。

  • ちばまさゆき (デザイナー) 2024/3/18投稿

    流儀

    飲食店ではやはり設備ですね!
    1ー電気容量特に動力(三相200V)の容量
    2ー給排水の配管径と位置確認
    3ーガス容量
    4ー排気ダクトの出し方(特に焼き鳥・焼く肉屋さんなどの匂いのでる排気)近隣に匂いなどの迷惑がかからないか注意
    5ー空調の室外機置き場
    6ー天井高さ
    7ー分電盤の位置確認
    8ー電気・水道・ガスメーターの位置

    などなど
    でしょうか?

  • 匿名さん 2024/3/18投稿

    流儀

    ケースバイケースですので、実績の多い業者さんに相談されることをお勧めします。その上で綿密に事前の準備と計画を行うことが重要です。以下ポイントの一例ですが参考になさって下さい。

    ①内装デザインについて:
    お店のコンセプトに合わせた内装デザインが出来る、得意分野を持つ業者を選ぶことが重要です。 業者の実績・提案力・柔軟性・アフターサービスの質も重要な選定基準になります。

    ②設備関連について:
    給排水、換気設備、空調、電気・ガスなどはトラブルとなるケースが多いためチェックを怠らないことが大切です。また収納が足りないという問題を避けるため、設計段階で十分な収納スペースを確保することが重要です。

    ③近隣トラブル対策:
    計画通りに施工を完了するには、近隣が営業時間中の工事、不定期営業のお店との調整など、そんなはずじゃなかったとならないよう事前に綿密な調整が必要です。また臭いが近隣トラブルの原因となることもあります。排気の出す方向や、集塵機・消臭器などの装置を検討することが推奨されます。

    山翠舎はこれまでに一都三県+長野県で500店舗以上の施工実績がありますので、お気軽にご相談頂ければと存じます。

  • 宮上 悠吾 (営業) 2024/3/14投稿

    流儀

    ①衛生基準
    飲食店の場合、衛生基準は非常に重要です。食品の取り扱いに関する規制に従い、キッチンや調理スペースの設計、排水設備、換気設備などを適切に計画・設置する必要があります。

    ②デザインと機能性のバランス
    内装デザインは魅力的でありながら、機能性も考慮する必要があります。例えば、席間の配置やキッチンの配置など、効率的な作業フローを考慮したデザインが求められます。

    ③耐久性とメンテナンス
    使用される素材や家具は耐久性が高く、清潔に保ちやすいものを選ぶ必要があります。また、メンテナンスが容易であることも重要です。

    ■電気設備
    ①電気設備は安全基準に合致していることを確認しましょう。配線やコンセントの配置によっては火災や感電の危険性が生じることがあります。

    ②容量の適正化
    設備や機器の電力消費量を考慮し、電気容量を適切に設計しなくてはいけません。急激な負荷増加による停電や配線の過熱を防ぐためです。

    ■ガス設備
    ①ガス設備は十分な換気と定期的な点検が必要です。ガス漏れや火災の危険性を防ぐため、専門家による安全性の点検を定期的に行いましょう。

    ②ガス機器は十分な換気が確保された場所に配置し、十分な通気を確保してください。また、ガス漏れを検知するためのセンサーや警報装置を設置することも重要です。

    ■給排水設備
    ①飲食店では水の使用量が多いため、適切な配管設計が不可欠です。キッチンやトイレ、洗面所などの使用箇所に適切な配管を設置し、水漏れや詰まりを防ぐようにしましょう。

    ②使用水の処理方法を考慮し、適切な排水設備を設置してください。油分や廃棄物の処理に適した設備を使用し、衛生基準を満たすようにしましょう。

  • 松下 秀二 (デザイナー) 2024/3/8投稿

    流儀

    飲食店は物販と違い設備が重要視します。
    第一に、給排水、換気設備、空調、電気・ガスと有ります。
    既存設備の容量のチェックが大切です。

  • 志村 聡 2024/3/8投稿

    流儀

    飲食店舗は年間80店舗以上施工している実績がございます。飲食店舗でも業種が様々ですが、あえて一つ上げるとしますと匂い(排気)が近隣トラブルになる大きな原因ですので、マンションや集合ビルでの開業時は排気の出す方向や、集塵機・消臭器といった装置も追加検討していくと費用は掛かりますが、ストレスの掛からない運営ができるかと思います。
    費用にして集塵機は材工50万程度、消臭器は材工30万程度になります。ご参考にしていただけますと幸いです。

自分に合ったデザイン会社が見つかる!

お店のイメージを登録するだけで、平均7社から提案が受けられます。