1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 飲食店の内装工事の消防検査を受ける場合、・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

飲食店舗向けFAQ

last update:2016-04-25 19:48:23.0

飲食店の内装工事の消防検査を受ける場合、飲食店側はいつ、なにをする必要があるのか教えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 畠山 秀和 (デザイナー) 2016-04-25 19:48:23.0投稿

    流儀

    消防署への打ち合わせ及び届け出は代行しておりますので、提出書類の中で、記名押印していただく以外は、特に必要ないかと思います。

  • 草木義博 (デザイナー) 2016-04-21 14:43:50.0投稿

    流儀

    第一段階の設計プランをデザイナーに依頼する際、消防検査の意向を伝える事から始まります。例えばフード内消化設備等は高額な費用が発生しますが、規定内の距離にフードを配置することで不要となります。消防設備に配慮しつつレイアウトを考えるとコストダウンにもつながります。

  • 匿名さん 2015-10-08 20:24:02.0投稿

    流儀

    スケルトンからの工事の場合はスプリンクラーや火災報知器の位置を平面図レイアウトに沿って消防署の所轄に事前協議の必要があります。その上で防災設備の工事をする必要があります。

    居抜き改装の場合
    もともとの設備がありますので、設備費用負担はかかりませんが 消防法で定められたビルの非常用侵入口を妨げるような内装は禁止されております。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2015-09-24 16:37:16.0投稿

    流儀

    使用開始届けはどのような場合にも必要です。
    消防検査の際には、法律をクリアしている場合でも指摘が入る事がございますので、事前の相談が必要です。弊社ではどちらの業務もクライアントの代行として行います。

  • 村田 将志 (営業) 2015-06-25 09:02:53.0投稿

    流儀

    先ずは、消防署に伺いどのような設備が要るか確認をする必要があります。

  • 櫻井 俊宏 2015-06-24 17:44:29.0投稿

    流儀

    オーナ様自身は、何もしていただかなくて大丈夫です。
    消防設備は施工時に必要なものを施工しますし、検査も工事業者の方で対応いたします。建築によっては、竣工後に定期検査がある場合がありますので、その場合はご対応いただく場合もありますが、それも業者で対応出来ます。