1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 買い回り品(家具やブランド品など)を扱う・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

物販・アパレル店舗向けFAQ

last update:2017-07-13 15:50:30.0

買い回り品(家具やブランド品など)を扱う物販店を設計・デザインする際、気をつけているポイントがあれば、教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 足達 十吾 (デザイナー・一級建築施工管理技士) 2017-07-13 15:50:30.0投稿

    流儀

    デザインする前に扱う商品を細かく把握する必要があります。
    色・形・大きさ・数などを把握した上で 店舗全体の雰囲気・家具の色などをサンプルと照らし合わせ決めていきます。
    商品を目立たせた上で店舗の雰囲気もお客様が入りやすいデザインにするように考えています。

  • 五十嵐 浩明 (設計・現場管理) 2017-07-13 15:50:28.0投稿

    流儀

    商品を見やすくしたりコンセプトに見合った周辺環境づくりはもちろん大切だと思いますが。

    例えば、自分が服を買う場合、その服をどんな場面でどんな人と会うのかとかイメージします。
    自分の生活の中でどのように活躍してくれるか、マッチしてくれるのか考えます。

    商品が何であれ、購入後の自分のライフスタイルがイメージ出来てそれが自分らしくさせてくれる物であれば購入すると思うのです。

    つまりは、よりそのイメージを高めてくれるための雰囲気づくり、商品だけの羅列ではなく、他のアイテムとの組み合わせやディスプレイです。

    それによって、購買意欲がより高まるのではないでしょうか。


    家具でいえばIKEAさんがわかりやすい例だと思います。

  • 匿名さん 2017-07-03 09:06:55.0投稿

    流儀

    商品をが主人公で内装を考える。ブランド品を目立つように!

  • 匿名さん (設計デザイン) 2015-10-15 21:08:39.0投稿

    流儀

    まずはブランドのCIを理解する事から始まります。
    ブランドアイデンティティを店舗に反映する事は一番重要だからです。
    その上で,素材や色等そのお店で今まで使用して来た内容を確認します。
    動線計画やサイン,物品,レジ等の見せ方は,物販のセオリーがありながらも,実はブランドや店によって細かく考え方が違う場合が多いので,綿密に打ち合わせ及びシミュレーションを重ねます。
    照明計画も然りです。

  • 原 亨一 (デザイナー) 2015-05-01 13:24:53.0投稿

    流儀

    扱う商品や売りたい商品に合わせた動線 / 商品をよりよく見せるための照明計画 / ターゲットになる客層(年齢・性別など)に合わせたデザイン / 扱う商品に合ったデザインなどを心掛けています。

  • 森田 亮 (設計デザイン) 2015-04-21 15:24:17.0投稿

    流儀

    家具などの物販店の場合、その家具の空気感が大事になってくるので、ディスプレイ部分と売り場の構成等を重視します。

  • 上水流孝嘉 (デザイン企画) 2014-10-08 14:26:20.0投稿

    流儀

    物販店舗の基本は、お客さんが取りやすいように作る事が一番です。

  • 匿名さん 2014-09-30 16:42:53.0投稿

    流儀

    通りからのイメージ(店内の見せ方)、店内については動線を重視してご提案させて頂く事を心がけています。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2014-09-29 13:21:00.0投稿

    流儀

    商品がよく見えるというのは大前提ですが、棚を通して店全体が見渡せることも重要なポイントだと思います。

  • 匿名さん 2014-09-25 11:04:48.0投稿

    流儀

    不動産担当者として、
    レイアウトの構成から、天井高の物件を意識して
    紹介していきます。

  • taki (営業) 2014-09-25 11:04:45.0投稿

    流儀

    販売したい商品をより良く見せる為のディスプレイスペースの充実と、売り場との照明効果のメリハリに重点をおいて考えます。

  • 小坂井 賢二 (施工管理) 2014-09-25 11:04:43.0投稿

    流儀

    質感、色、全体の統一感です

  • 伊神 亮太 (営業) 2014-09-25 11:04:18.0投稿

    流儀

    お客様・スタッフの動線は特に注意してご提案しています。

  • 匿名さん 2014-09-25 11:04:13.0投稿

    流儀

    商品がより美しく見えるディスプレイに気をつけています。

  • 匿名さん 2014-09-24 19:59:24.0投稿

    流儀

    その品物がきれいに見える、よく見えるよう工夫します。
    台の上に置いた方が良いのか、棚に並べた方が良いのか、壁を背にした方が良いのか、等々。
    その時、いつも気になるのが照明の当り方です。
    適切な照度で適切な角度から当れば物はきれいに見えますが、そうなっていないお店は気をつけてみると結構あります。
    照明はいつも専門家と相談しながら決め、商品の陳列後も当て込みなどをお願いしたりして気をつけています。