1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. ケーキ屋を開業予定です。物件探しの段階な・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

飲食店舗向けFAQ

last update:2024/3/8

ケーキ屋を開業予定です。物件探しの段階なのですが、設備において確認すべきことはありますか?

飲食店の中でもレイアウトが特殊なケーキ屋。物件選びで失敗しないために確認が必要なことをお聞きしました。

  • 宮上 悠吾 (営業) 2024/3/8投稿

    流儀

    ①キッチンの広さ
    広さとレイアウトが十分かどうかを確認します。ケーキを調理・焼成するためのスペースが必要です。導入を検討している設備の大きさ(オーブンや冷蔵庫等)を考慮した確認が必要です。

    ②給排水設備
    ケーキ屋では多くの水が使用されるため、十分な排水設備が必要です。排水溝や排水パイプの状態を確認し、問題がないかどうかをチェックします。

    ③換気設備
    キッチン内の換気は必須です。焼き菓子を扱う場合は、換気設備が効果的であることが重要です。

    ④電気/ガス設備
    オーブンや冷蔵庫、ミキサーなどの機器を適切に動作させるために、十分な電力供給が必要です。電気/ガス設備の容量や状態を確認します。

    ⑤衛生設備
    食品業界では衛生基準が非常に厳しいため、衛生設備が整っていることが重要です。手洗い設備や清掃用具の収納スペースなどを確認します。

    ⑥火災安全
    キッチン内の火災安全設備が整っているかどうかを確認します。火災警報器もしくは消火器の設置が必要です。

    ⑦フロア素材
    キッチンエリアでは滑りにくく清掃も可能なフロア素材等を選ぶことが重要です。安全性と清潔さを確保するためにも、フロア素材にも注意が必要です。

    これらのポイントを考慮しながら、物件を選定することが重要ですが、全てを補えるテナントや物件はなかなか見つからないのが現状だと思われます。優先順位としては、①広さ(坪数)、②給排水設備、③電気容量(電灯・動力)④ガス容量を中心にお探しになる良いかとお思います。

    足りない部分は後の工事で補うことは可能ですので、お気に入りの物件が見つかればご相談いただければ、ご一緒に設備状況等の確認もおこなえます。

  • ちばまさゆき (デザイナー) 2024/2/27投稿

    流儀

    給排水の配管のサイズ
    排気フードがちゃんと外に出せるか
    電気容量100vと200v
    そしてオーブンの重さに耐えらえる床であるか
    オーブンは非常に重いので

    一番は電気容量ですかね!

  • 荒井 マモル (インテリアプランナー・開業アドバイザー) 2024/1/29投稿

    流儀

    ケーキ店の開業をお考えとの事で、どんなお店を目指すかで変わってくるかとおもいますが、想定として個人オーナー様で路面店でお店をお考えという事で申し上げますと、できれば1階の通りから目立ちやすい場所(お客様から認知しやすい場所)という事が申し分ない条件と言えるかと思います。 また、テナント内部の設備関係ですが、ケーキ店という事で厨房を要しますので給排水ガス設備がどの程度まで整っているのかの確認が重要です。 また、排水管や給水管のサイズなどもご自身が思っている作業で賄っているのかどうか?などの確認が必要です。 これは専門の内装業者様と一緒に確認することで直ぐに分かるかと思います。


    ご参考になれば幸いです。


  • 寺井 智彦 2024/1/15投稿

    流儀

    物販のみor物販+製造もするのかで確認事項は異なります。
    ほとんどが店頭の後ろで製造もするパターンが多いと思いますので、
    電気容量、空調&換気設備、ガス、給排水設備が設置可能かの現場の確認は必要です。空調は室外機が近くに置けるのか?換気設備の排気も近くに出してOKなのかもテナントに確認が必要です。

  • 飯島勝之 2024/1/11投稿

    流儀

    飲食店の物件取得にはインフラ設備の確認は必須です。
    ガスや電気の容量など専門的な知識が必要になってきますので、デザインのみでは無くしっかり知識を持ったデザイン会社を選ぶと良いかと思います。

  • 中村昌彦 (設計・設計監理) 2023/12/25投稿

    流儀

    インフラがお考えのテナントに導入可能か、どの程度既に引き込まれているのか確認することが重要だと思います。規模にもよりますが電気容量を必要とする厨房機器が多いので、テナント契約される前に必ず確認される事をお勧めします。

  • 庄村光央 (設計) 2023/12/21投稿

    流儀

    ケーキや材料の品質を維持しつつ保管するためには、安定した温度管理が不可欠です。十分な大きさや機能を備えた冷蔵・冷凍設備が必要になりますので、物件探しの段階ではそういった大型業務用家電を設置するスペースをまず確認すべきでしょう。
    広い作業スペースは作業効率の向上に直結するため、作業台やディスプレイのスペース確保も考慮した上で物件を決めていくのがよろしいかと思います。

    大型のオーブン等を使用する場合には、適切な電気供給が可能かどうかを調べておくとよいでしょう。使用する設備機器に対して電力容量が不足していると改修工事が必要になることもあります。
    来店されたお客様に快適な空間を提供するため、飲食店として基本的な設備は整えておきたいところです。お客様向けに清潔なトイレ設備があるのが望ましいと思います。また火災報知器や消火器等、安全に関する法規に遵守する設備も一通り確認しましょう。

  • 志村 聡 2023/12/20投稿

    流儀

    ご回答させていただきます。
    洋菓子業界のご出店は大型容量の厨房器具が多いため、既存の店舗に来ている電気・ガスの容量はチェックを必ずされたほうが良いです。
    インフラ設備の容量UPはコストも非常にかかります。また、建物によっては上げられない場合もございます。
    予め使用する機器の容量を算定し、物件選びに活用することをおすすめいたします。

  • 石本輝旭 (建築家&インテリアデザイナー) 2023/12/20投稿

    流儀

    菓子製造業の許可が必要になるので、イートインや菓子以外のコトを併用でやるビジネスモデルをもし考えているのであれば、厨房2つが必須だと思います。その場合、排水の位置、換気ダクトの位置は重要ですので、ビジネスとしてやりたいことに多様性を持たせるのであれば、既存排水の位置、空調(エアコン)の位置、換気がどう抜けるのか、電気容量(ネット販売で急速冷凍庫使用等の場合)などを確認して、設計者に伝えることが良いかと思います。

  • 草木義博 (デザイナー) 2023/12/19投稿

    流儀

    ケーキ屋さんの場合、厨房機器や冷蔵ショーケースによりますが、電気容量(動力、電灯)、ガス容量が多く必要になりますのでチエックが必要です。

自分に合ったデザイン会社が見つかる!

お店のイメージを登録するだけで、平均7社から提案が受けられます。