1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 古民家の物件を内装を変えてカフェを出店予・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

内装・施工に関するFAQ

last update:2017-10-06 09:35:00.0

古民家の物件を内装を変えてカフェを出店予定です。内装プランや出店計画を考える上での注意点があれば教えてください。

住宅から店舗へ改装をする際、建築基準法に違反しないか、用途変更などの申請が必要かなど確認するべき要項は様々あります。
今回はカフェを出店するケースを元に、法令や考え方などを建築設計にも携わっているデザイナーの方々にお聞きしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 石本輝旭 (デザイナー) 2017-10-06 09:35:00.0投稿

    流儀

    内装制限に注意が必要。
    あと窓の大きさ、開閉の仕方によって採光上、排煙上無窓居室かどうか。
    消防では無窓階になるかどうかを注意したほうがいいです。

  • 田中稔郎 2017-08-14 09:27:50.0投稿

    流儀

    古民家など、物件に歴史がある場合は、その空間がどのように人と関わって来たのかを想像してみることが大事だと思っています。お店の空間が、事業を後押しするということは、その空間に事業に関連したストーリーを感じ取れるということではないか、と思っています。

    過去から現在・未来へとつながっていくストーリーをつくること。

    お店づくりが創造的である所以はここにあり、古民家ならではの豊かなストーリーがそこに描けるはずだと思います。

  • 今井 麻美 (営業 積算 監理) 2017-07-18 20:47:28.0投稿

    流儀

    古民家で、カフェとなりますと消防法などの適用なども考える必要があるかもしれません。ただ、古民家の良さをデザインで生かしていくことで、空間を演出することは可能です。

  • 伊藤 惟之 (設計・デザイン) 2017-06-27 21:04:50.0投稿

    流儀

    厨房の作りは重要です。飲食店開業にあたり保健所検査が必要なため特に注意が必要です。古民家のイメージを守りつつデザイン設計が必要です。

  • 匿名さん 2017-01-30 09:43:46.0投稿

    流儀

    古民家の場合の改装は大規模修繕か小規模かによって建築確認が必要になるケースがあります。
    建築確認が必要な場合は現行法に準じなければいけませんので、古民家といわれる建物の多くが現行法に準じていない場合があるので予算が大きくかかってしまうこともあります。
    大規模修繕の区分け自体はまだ2017年1月現在では、あいまいなところがありますのでその土地の区域の行政に建築士の方と共に相談をした方がいいと思います。

    またその土地の詳細自体では大規模修繕自体ができない場合もありますので
    建物だけでなくその土地の情報もしっかりとられたうえで建築士などにご相談されることから始める方がよいかと思います。

  • 岩本 勝也 (デザイナー) 2017-01-25 16:30:03.0投稿

    流儀

    古民家をカフェとして再生させる場合は、先ず 機能や設備をチェックするコトが大切です。現状を把握した上で、お店のコンセプトや運営とリンクさせなければ、デザイン的、予算的にも「絵に描いた餅」になりかねません。
    元々、その建物が持っている「味」のようなモノを引き出してあげるようなデザインを心掛けるべきだと僕は思います。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2017-01-25 16:06:50.0投稿

    流儀

    必要な法規が住宅と店舗では異なりますので、一級建築士にご相談されることをお勧めします。
    構造の部分でも、建てたときの法規と現在では異なりますので注意が必要です。

  • 玉島寛士 (設計及び施工管理) 2016-11-25 16:40:58.0投稿

    流儀

    古民家という事は、現行の建築基準法に適合していない建物であると思います。特に、構造部分の不適合は注意が必要です。例えば、増築や大規模修繕をする場合などには、古い部分を現行法規に合わせなければいけないケースもございます。
    設計事務所の方であれば、その辺りもきちんと整理しながら計画してもらえますが、リフォームしか行っていない会社などきちんと設計する事ができない業者もいますので、注意が必要です。
    設計事務所に相談することがまず最初にすべきことかと思います。