1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 設計や施工を知り合いの会社に依頼する場合・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

設計会社・施工会社の選び方

last update:2017-09-11 09:15:47.0

設計や施工を知り合いの会社に依頼する場合のメリットやデメリットを教えてください。

知り合いという関係上、提案資料や契約内容でついつい見落としてしまいがちな観点や、
進める際の注意点などについてお答えいただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 西田和正 (設計・監理) 2017-09-11 09:15:47.0投稿

    流儀

    設計をする際、まずは施主と親密な関係を構築する事から始めます。それは、施主の要望、思想をより深く理解するためです。その点において知人だと、最初からある程度関係が築けてるため設計がスムーズというメリットがあります。
    デメリットとしては、プロジェクトにおいて知人同士という立場で仕事をすると意見を打ち合わせ以外の場でも日常的に意見が飛び交いプロジェクトが混乱する可能性があります。
    そのため、プロジェクトでは設計者と施主。日常では知人同士といったように立場を切り替える必要があります。

  • 田中稔郎 2017-09-06 08:59:51.0投稿

    流儀

    問題は、どのようなお店を実現されたいか、という最重要の要件を満たすために、お知り合いの会社に依頼されるのがベストの選択なのか、ということに尽きると思います。

    お互いがよくわかっている、信頼関係が成り立っている中でお仕事を進められるのは理想的だと思います。

    コンペで案を募るのは、必ず経済全体にはロスを生み出しますから、最終的には信頼できる会社ひとつを見つけるのがよいと思います。

    依頼される側からしますと、ご指名の場合は、コンペの場合よりも、必ずモチベーションが高いです。信頼に応えたい、という気持ちが働くからです。この心理的な要素は、無視できないところだと思います。

  • 河野 広之 (デザイナー) 2017-09-04 10:57:04.0投稿

    流儀

    設計や施行を依頼するという事は、コンビニで飲み物を買う様な気軽な問題ではありませんし、一度決めればお店ができるまで、また営業開始してからその先も、長い人と人のお付き合いになります。その意味では元々の知り合いでコミニュケ−ションが取れている方でしたら、安心感、相談しやすいというメリットはあるかと思います。

    デメリットとしては、ビジネスライクにはなりにくいという事です。知り合いだからこそ言いづらくなる、知り合いとの人間関係や情が最優先されてしまう事もあるかと思います。 
    店舗運営は事業ですので、利益を出さなければ続けられませんし、
    その意味でビジネスとしてお付き合いの出来る会社さんが良い場合もあるかと思います。

  • 永田 武 (デザイナー) 2017-08-29 10:05:38.0投稿

    流儀

    知り合いといってもどの程度知り合いなのかにもよりますが・・・

    メリットは信頼して仕事がたのめる。
    デメリットはなかなかいいたいことがいえない。といったところが一般的な
    ことではないでしょうか。


  • 穂積このみ (デザイナー) 2017-08-29 10:05:36.0投稿

    流儀

    知り合いだからこそ、気軽に話せたり打合せがしやすい場合もありますが。
    逆に、言いにくいコトが出てくる場合もあります。
    通常、少しでも予算を下げるため複数の施工会社に見積を取りますが、
    他社との比較ができないコトです。  

  • 石本輝旭 (デザイナー) 2017-08-24 12:02:52.0投稿

    流儀

    メリットはやはり気軽に相談でき、コストの相談もしやすいところだと思います。デメリットは店舗の収支計画まで相談するには友人だからこそ言いにくいところもあるのではと思います。ただ店舗はデザインするだけでなく、繁盛して継続することが大前提なので事業計画などはデザイナーと話し合うべきかと思います。

  • 秋葉 達雄 2017-08-21 08:51:02.0投稿

    流儀

    メリットは、
    オーナー様の、趣味趣向を理解しているという事です。

    どんなデザインが好きなのか、どこにお金を掛ける方なのか、
    一緒に食事や遊びに行く際の、服装、行動から人となりが分かります。

    知り合いの場合には、デザインに関して完全に任せて頂けるケースが多いです。


    デメリットは、
    知り合い価格(ほとんど利益を頂かず)でお仕事を受けてしまい、
    多忙の中で優先順位が下がってしまった事があります。

    知り合いとはいえ、クライアントですので、納期や対応でストレスを抱かせないよう、
    当然ですが、しっかりとした対応をしなくてはいけないと痛感しました。

  • 小倉知佳 (デザイン・設計) 2017-08-14 09:27:05.0投稿

    流儀

    お知り合いに頼まれるメリットは、例えば家具は自分で揃えたいなどの要望があった際に言いやすさであったり、細かいところまでフランクに話し合えるところです。
    ただ、予算も意外と利益を取られていたりするケースも少なくないようですので、もめる原因にならないよう比較検討は必要だと思います。

    お知り合いでも、知らない会社でもどういったお店を作っている会社なのか、実績などをきちんと知ってから依頼されるのが一番いいかと思います。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2017-08-07 17:11:00.0投稿

    流儀

    メリットは安心感、デメリットは知り合いだからこそ、逆に言えないこともたくさんあるという点だと思います。

  • 大西 将 2017-08-07 09:05:43.0投稿

    流儀

    やはり一番のメリットは予算でしょうか、ただ口頭では安くするといわれていても何と比べて安いのか?というところはあります。よく吟味する必要があるのではないでしょうか。
    デメリットとしては、遠慮して言いたいことが言えなかったり、アフターメンテナンスでも言いたいことが言えないという事をよく聞きます。
    知り合いの度合いによるものが大きいと思われますのでメリット・デメリット考えた上でそれでもざっくばらんにお話しできる関係ならデメリットの面も大きく払拭できると思います。

  • 吉本繁樹 (デザイナー) 2017-08-04 09:16:17.0投稿

    流儀

    知り合いといってもど程度の関係か分かりませんが、デメリットを心配しなくてはならぬ相手とは、最初から関わるべきでありません。良い仕事をする為にはチームへの信頼が一番です。その知り合いの仕事や考え方が気に入り、信頼できると判断したならば迷わず信じてチームを組むべきでしょう。設計者・施工者にとって、信頼してくれる相手との仕事は、楽しくヤリガイのあるものです。
    とりあえず知り合いありきで、相手をメリット、デメリットと天秤にかけるのは、如何なものでしょうか。
    良い場所を見抜く直感、そして自分に合ったベスト・パートナーを見抜く直感、それが成功への第一歩ではないでしょうか。

  • ヤマシタマサトシ (設計・デザイン) 2017-08-03 14:14:40.0投稿

    流儀

    設計なのか施工なのかで、もしくは一括して設計施工で頼むのかでも変わりますが・・・

    設計だけの場合はお知り合いへの依頼でもそれ程メリットデメリットはないかと。ご依頼する知人の設計者のスキルや経験次第です。

    施工の場合はお知り合いの工務店さんがそもそも飲食店などの出店する業態の工事経験が豊富かどうか、出店場所によっては地場の工務店では難しい施工承認図対応等もあるので、ご相談された方が良いかと。

    ただ、知人だからこそ気軽に頼める、安くやってもらえるというメリットがある分、もしもの時には揉めて縁が切れる事も覚悟はされておいた方が良いと思います。

    また、安くあげたいという理由だけで知人友人にご依頼されるのは、そもそもどうなのかとも思います。

    いずれにしても大事なお店づくりの第一歩です。工事は相見積をとったり、設計も複数社を検討する等、いくつかの選択肢から選ばれる事をオススメいたします。