1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 施工会社から店舗の内装工事の見積書を頂き・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

設計・デザインに関するFAQ

last update:2017-04-13 10:27:46.0

施工会社から店舗の内装工事の見積書を頂きました。予算内に収まっているかという点以外に見ておくべきポイントはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 穂積このみ (デザイナー) 2017-04-13 10:27:46.0投稿

    流儀

    施工会社に施工見積を依頼する場合、設計事務所が作成した実施設計図をもとに、見積りをして頂くのが通常の流れです。
    その指示内容、図面にそった見積内容になっているか、確認された方が良いと思います。予算内に収まっていても見積から抜けていたり、作り方が異なると、追加料金やメンテナンス等トラブルのもとになります。

  • 中野 般 (企画・営業) 2016-10-26 13:21:39.0投稿

    流儀

    各社様の御見積様式によっては、別途工事や見積外項目が分かりにくいものがございます。見てご判断いただくのは難解かと思いますので、適切な見積もり説明を受けられる事をお勧めします。
    その際に、御施主様側で用意をしなければいけないものや、見積に含まれていないもの、予期できないものの有無などをご確認ください。

  • 匿名さん 2016-06-01 12:39:58.0投稿

    流儀

    まずは、図面で指定した仕様の見積もりになっているかです。
    具体的には勝手に安い材料に変えられていないか等、図面から読み取れる事を確認するのが基本となると思います。

  • 永田 武 (デザイナー) 2016-04-15 11:54:52.0投稿

    流儀

    予算内におさまっていても、内容にぬけがあったり打ち合わせ内容とちがうことがないか確認しておいたほうが良いでしょう。

  • 足達 十吾 (デザイナー・一級建築施工管理技士) 2016-03-07 10:59:19.0投稿

    流儀

    通常業者の見積もりは、お客様には専門用語も多くなかなか把握できない部分もたくさんございます。一番大切にしていただきたい点は、お客様の想定している工事がきちんと見積もりに入っているかの確認です。当社では、お客様との考えのずれが無いようしっかり工事内容をご説明しております。工事後のトラブルが無いようわからない部分や工事の内容などお客様からもしっかり質問して、やりとり内容などは、メモに残して業者とお客様で共通に保管することも良い方法だと考えております。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2015-04-16 10:09:53.0投稿

    流儀

    金額以上に大事な点は見積り抜けがないかどうかのチェックです。
    そもそも見積りに入っていない工事があると、全体の予算が大幅にくるってしまいます。

  • 上水流孝嘉 (デザイン企画) 2015-03-20 18:28:22.0投稿

    流儀

    設計施工会社の金額が適正かどうかが問題です。設計会社なら施工会社の査定ができるのですが、設計施工だとそれができないのが問題です。

  • 畠山 秀和 (デザイナー) 2015-02-25 13:53:16.0投稿

    流儀

    見積もり内容に漏れがないかは、依頼している内容が反映されているかはチェックしておく必要があると思います。
    また、別途項目がどの程度あるのかもみておいたほうがよいかと思います。

  • 冨澤 実 (デザイナー) 2015-02-20 15:11:07.0投稿

    流儀

    重要な事は見積に設計内容の項目に見積漏れがないか?どうか?という点に注意が必要です。
    その確認を怠って契約着工した場合は追加工事とその金額が発生する事が考えられます。
    全ては実施設計図書の内容如何で、見積はその実施設計図書に基づいて積算され見積作製されます。
    従いまして、実施設計の内容が濃く細部まで詳細にかかれていればその内容に基づいて見積がされると思いますので、設計施工の場合は実施設計図書と見積書を照らし合わせながら細かいところまで見積内容を細かく見て説明を受け、不明な点は納得いくまで説明を受けたほうがよいでしょう!
    また、設計と施工を分離した場合は設計者が設計監理業務として施主の立場になり見積の内容を細かく査定をし、見積漏れや過剰な項目などの指摘をし見積金額のチェック調整をしますので、施主としては多少は安心な面があると思われます。

  • 藤堂 真幸 2015-02-19 09:17:34.0投稿

    流儀

    ある程度の専門知識やノウハウが無いと、施工見積の細かなチェックや妥当性の判断をする事は難しいかと思います。 チェックしようにも、細かく計上されているようでいて最終金額だけ帳尻を合わせただけの見積書を出す業者も少なからず存在します。
    率直に、図面と見積書を照らし合わせながら施工会社さんから内容の説明を受けられる事をお勧め致します。 工事内容に入っていない項目がどの程度あるかも把握してください。

  • 匿名さん 2015-02-16 09:27:07.0投稿

    流儀

    安ければ良いと言う事では有りませんから、見合うコストをコントロールする事が大切だと思います。

  • 杉本 昌也 (デザイナー) 2015-02-16 09:25:49.0投稿

    流儀

    工事内容の精査が必要となります。
    説明とプラン図の確認が必要となります。

  • 政木 亮二 (デザイナー) 2015-02-13 16:01:46.0投稿

    流儀

    依頼している内容が見積書にしっかり反映されているかという点は必ず確認が必要です。それを確認していないと、後から予想外の追加見積りが出てくる可能性があります。

  • 村田 将志 (営業) 2015-02-09 13:27:31.0投稿

    流儀

    見積別途項目がどれだけあるかしっかり確認すると良いと思います。工事範囲は施工される会社によってとらえ方が違うと思いますので。

デザイナーの流儀

「問い」一覧へ »