1. トップ
  2. デザイナーの流儀
  3. 今、デザイン設計や内装施工で関わってみた・・・
デザイナーの流儀 〜店舗デザインのプロに聞きました〜

問い

店舗デザイナーの考え

last update:2016-12-12 09:29:00.0

今、デザイン設計や内装施工で関わってみたいと思う店舗はどんな店舗ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 田中稔郎 2016-12-12 09:29:00.0投稿

    流儀

    「自分の納得いく店舗をつきつめたい」というクライアントから信頼を得てつくれる店舗づくりに、ぜひ関わらせていただきたいです。業態にこだわりはありません。

    クライアントが初出店で、店を運営していくご自分をまだイメージできない段階では、まずは不安が先に立つ場合が多いので、独自性を追求するのは程々になってしまう場合もあります。

    初出店で、店舗をつきつめる、というところまで持っていくのは、難しいかもしれません。

    そんなときは、キラリと光る何かをどこかに入れ込むようなデザインを心がけています。

    しかし、2回目以降のお店づくりでは、もうその道のプロとしてご自分のお店に必要なもののイメージをお持ちです。

    振り返ると、弊社のクライアントは、2回目以降で、独自性を追求したお店づくりを求めてお越しくださる方が、とても多いことに気づかされます。

  • 久保亜津子 2016-07-07 17:31:11.0投稿

    流儀

    時間とともに美しく味わい深く、変化していく空間を提供する店舗です。
    店舗では、特にメンテナンス性や耐久性などが必要ですが、竣工時が一番きれいで
    だんだん汚れて魅力がなくなる素材よりも、日々の時間と共にすこしづつ素材感が増すような素材選びが好きです。

    今まででは、岡山の工房に平瓦を焼いていただいて、ラーメン店の天板にした際に、毎日布巾で天板を拭いていたら、生成り色だった瓦が、いい飴色に変化していった例があります。同じような例として、ヌメ革や銅板などの天板をデザインした事があります。
    また、左官材料にいろいろ混ぜて変化を楽しむ事や、自社工場で変化していくガラスをガラス作家と研究したりしています。

    時間が止まったようなデジタルな空間よりも、空間が呼吸しているような、素材の息づかいを今後も大切にしていきたいと思います。

  • 間宮 晨一千 2016-02-23 09:49:30.0投稿

    流儀

    新しいイメージを打ち出したい和菓子屋さんなど、アイデアを提案したいです。

  • 佐藤つばさ (デザイナー) 2016-02-15 21:42:30.0投稿

    流儀

    カフェがつくりたいです。
    海が眺められるようなロケーションで。
    風通しの良い店内を、自然にとけ込むようなデザインにしてストレスフリーな空間を作りたいです。

  • 加納 恭子 (設計・デザイン) 2016-02-15 09:03:55.0投稿

    流儀

    リゾートホテルです。単なる宿泊施設としてでなく、周辺のお店も活性化できたらいいなと思います。

  • 秋葉 達雄 2015-12-08 10:53:12.0投稿

    流儀

    CLUBです。
    2016年度の法改正により、クラブが24時間営業可能となり、
    また東京オリンピックに向け、クラブ業界が盛り上がる事が予想されます。
    日本のみならず海外からの資本も入り、デザイン業界も盛り上がるのではないかと思います。
    日本人、外国人観光客ともに、エンターテイメントとして楽しめ、カッコいいと思えるクラブを創造したいです。

  • 永田 武 (デザイナー) 2015-03-02 09:47:09.0投稿

    流儀

    ブティックやアパレルや飲食店などのデザインですかね。いってみたい!と思わせられるようなお店をつくりたいですね。

  • 村田 将志 (営業) 2015-02-13 12:00:42.0投稿

    流儀

    大きなプロジェクトであればどんなものでも関わっていきたいですね。

  • 吉田 昌弘 (デザイナー) 2015-01-16 14:52:17.0投稿

    流儀

    ホテル業界(飲食・Bar・宿泊施設・ブティックなど多岐に渡る部分へのデザインが必要なため)

  • みぞぶち かずま 2015-01-08 17:08:16.0投稿

    流儀

    きれいな店舗、美しい店舗は世界中にたくさんありますが、毎回来る度にワクワクドキドキする店舗(建物)は少ししかありません。
    そういう店舗であれば買う買わないに関わらず、いつでも行ってみたいと思うはずです。
    是非それをやってみたい。

デザイナーの流儀

「問い」一覧へ »